メルストブログなのだよ

「メルクストーリア」についてだらだらと

闇濤塔の天空層に挑戦!

f:id:ragragna:20180718004316p:plain

早くもサッカーJ1が今日から再開。

W杯閉幕後は国内のサッカー熱が高まる傾向にありますが、特に今回はイニエスタや

トーレスといった大物の加入もあって盛り上がりそうです。

神戸と鳥栖の直接対決は直近だと8/22の天皇杯4次ラウンドでしょうか。

こんな炎天下でやってられるかーと怒らなければいいのですが@@;

 

難しい問題ではありますが、私は現行の春秋制よりも秋春制の方が良いと思ってます。

選手ファーストならなおさらですね。

とはいえ豪雪地帯だと試合の開催すら難しく、このハード面の課題をクリアするには

予算も時間もかかるでしょう(。-`ω-)

にしても今年のこの暑さの中でサッカーというのも酷な話です。。

一体どうすれば・・・。

地球温暖化を食い止めるというのがもしかしたらいろんな意味で一番なのかもですねw

 

 

一国のサッカー事情から地球規模の話になりそうなのでメルストへ。

今回はエクストラに戻って闇濤塔の天空層に挑戦です!

頑張っていきましょ(`・ω・´)

 

闇濤塔/天空層

クエスト失敗までに癒したモンスターの数が成績となります。

高火力でもってたくさん癒して上位を狙いましょ~。

 

武器特攻はオール100%。

クエストルールはまず

f:id:ragragna:20180718010513p:plain

19歳以下のユニットが出撃可能な年齢制限

私はギリギリ出撃不可ですね。

・・・すいません、かなり不可でした@@;

 

あとは

f:id:ragragna:20180718010741p:plain

スリップダメージもあります。

5秒間隔の発生でちょっとずつダメージ量が大きくなっていくタイプですね。

回復手段を整えて臨みたい所です。

 

クエストルールは以上。

続いてボスチェックへと進みましょ。

まずは

f:id:ragragna:20180718013432p:plain

リーチ30のユニルス、ちょっと遅れてリーチリーチ90攻撃範囲広めで3段攻撃の

ノクターンが登場。

続いて

f:id:ragragna:20180718013714p:plain

後ろからリーチ45のホーリーバイソンが登場。

続いては

f:id:ragragna:20180718013831p:plain

リーチ65、攻撃範囲広めで3段攻撃のウズラカズラが登場。

お次は

f:id:ragragna:20180718013955p:plain

リーチ60のワイバーンが登場!

移動が速いので注意したいですね。

続いて

f:id:ragragna:20180718014119p:plain

リーチ100、攻撃範囲広めで4段攻撃のミストロールが登場!

闇ボスの中でも特に要注意!

その後は

f:id:ragragna:20180718014353p:plain

ユニルス→ウズラカズラと続いて

f:id:ragragna:20180718014454p:plain

最後にもう一回ミストロールどーん!

 

出現ボスは以上の6種類。

ちょっとずつ強くなりながら上記の順番でローテーション出現です。

雑魚も4、5体まとまって出てくる、濤塔らしいステージ構成ですね。

 

 

さて本気パーティー組んでいきましょ!

出撃可能かつミストロールのリーチを超える中衛打撃はジル・テンライ・ロッシェ・

スヴィー・ローリエル・アクセレータの6名。

私はひとまず

f:id:ragragna:20180718015235p:plain

テンライとスヴィーを足止め役に配した打・銃パーティーを編成してみました。

光銃は他にアングリアがいましたが、新しいユニット使いたい病が発症してファジュル

を起用。

あとは回復兼イクリーズでファーラですね。

 

シードは

f:id:ragragna:20180718015913p:plain

ストライクソウル・ダークブレイク・スピライx3。

関係ないですけど、最近ようやく

f:id:ragragna:20180718020137p:plain

ガッツ4のスピライが3体になりまして、バランス良くなりました(´▽`*)

いまだにそんなレベルかと言われそうですねw

まぁマイペースで楽しく遊んでいければと♪

 

ルーンはアタック・クイック・ベルセルク・職種専用・ダークを装備。

ベルセルクは上手く体力調節できれば有用ですが、ここのスリップダメージは時間変動

タイプなので調節はちょっと難しそうです。

まぁでもおそらく上位に入るにはベルセルクは必須でしょうし、体力調節方法を模索

しながら進めていきたいと思います(`・ω・´)

マインドは適当。

それではいってみましょ~。

 

 

怖いのはリーチの長いミストロール・ノクターンと、移動の速いワイバーンあたり

でしょうか。

それ以外のボス戦は

f:id:ragragna:20180718020941p:plain

倍速でガンガン進めて、

f:id:ragragna:20180718021044p:plain

要注意ボスが来たら等速で慎重に。

そんな感じで進めつつ15分経過。

気になるスリップダメージの方は

f:id:ragragna:20180718021300p:plain

まだまだ低いですね(*'▽')

Lv1、ソウル無しのファーラでも充分回復が間に合ってます。

それよりもボス処理に時間がかかるようになってきて、

f:id:ragragna:20180718021514p:plain

20分を経過したあたりでは結構詰め寄られる展開に。

 

もうダメかなーと思ったら、

f:id:ragragna:20180718021652p:plain

もうダメでした(・∀・;)

結果は20分ちょっと耐えて823体ですね。

 

パーティーの感想としてはやはりファジュルだと力不足を感じました。

雑魚も多いのできちんと同時攻撃数を確保しないと後半が厳しいですね。

せめて火力役は光属性で臨みたいところです。

体力調節はファーラでも問題なさそうでした。

動かし方としてはファーラだけ後ろに下げる事で回復の手が止まるのでその間に

スリップダメージでユニットの体力をじわじわ減らし、ファーラの体力が少なく

なったらファーラを前に出してファーラ自身を優先的に回復。

この繰り返しで何とかなりそうです♪

 

それではパーティー組み直して再挑戦といきましょう。

ファジュルに代えて

f:id:ragragna:20180718022629p:plain

フランシールを投入!

育成途中のアングリアよりもこちらの方が火力に期待できるでしょうおそらく。。

ソーサリーでの押し出しも有効ですし、うん、フランシールで!

こうなるとソウルはライトソウルになるのでスヴィーの火力が落ちてしまいますね><

アクセレータが育っている場合は彼女を起用しましょう。

私は相変わらず未強化なのでこのままスヴィーで@@;

 

もう一つの懸念はライトソウルが乗ってファーラの回復力が上がりすぎる事ですが、

これはファーラに一度退却してもらってライトソウルをリセットする事で解消できそう

です。

ファーラ好きの方には申し訳ないですが、ここでは彼女に色々と動いてもらってタフな

役回りを演じていただこうと思います(。-`ω-)

あ、回復力を上げないという意味でファーラはアタックルーンを外して使ってます。

 

それではシードやらルーンやらを付け替えていざ再挑戦!

いつものように動画でドーンです。

編集が面倒だったのでノーカットで(・∀・;)

 

ファーラ退却は動画内の時間で3:30あたりから。

その後なかなか上手に体力調節できませんでしたが、6:40あたりからボチボチ動ける

ようになってきました(´▽`*)

もう最後はユニットの体力ばかり気になってしまい、ボスがどれくらい近づいているか

目で追う余裕がありませんでした。。

というかこんな複雑な動きをする必要は全く無く、ファーラにヒーリングルーンを

付けて後方待機、回復が必要になったら前に出して回復、それだけで充分体力調節

できた事でしょう。

なぜそんな事も分からないのか、どうやら暑さにやられ始めているようです(。-`ω-)

 

というわけで結果的には

f:id:ragragna:20180718031651p:plain

成績もグーンと向上!

4桁到達はなんか嬉しい!

内容も成績も満足なので、今回の挑戦はここで終了としましょう。

 

 

理想の編成はテンライとアクセレータで止める打・銃パーティーもしくは光パーティー

でしょうか。

操作に自信の有る方は回復役を外してヒーリングルーンで回復というのも有りかも

しれませんね。

後衛火力は同時攻撃数の多いユニットが良いでしょう。

 

鍵になるのはやはりベルセルクルーンの為の体力調節になるでしょうか。

回復力が高すぎると体力全快してしまうので、まずは回復力の調節からになりますね。

そういう意味で言うとやはりヒーリングルーンで頑張るのが一番強そうな気がします。

今後に備えてヒーリングルーンを集めておこうかな・・・。

 

 

以上、闇濤塔の天空層挑戦でした。

とりあえず水シャワーで頭冷やしてきます(・∀・;)

はぁ暑い。。

 

エクストラに関する他の記事はこちら