メルストブログなのだよ

「メルクストーリア」についてだらだらと

そういえば6月からギルバトの仕様が変わったけど…【中衛打撃編】

f:id:ragragna:20180630235651p:plain

いよいよW杯は決勝トーナメント!

一戦目からメッシ→ムバッペとスターの交代劇とも言えるような内容の濃すぎる試合で

テンション上がりまくりです@@;

もうここまで来たら寝不足とかどうでもいい!

 

 

さてメルストへ。

月が変わってエクストラが更新されましたが、初日から挑戦する時間的余裕が無いので

明日から挑戦・攻略を書き進めていきます。

今回はギルバト新仕様の感想中衛打撃編!

 

私の主なギルバトパーティーは2月から6月までこんな感じでした。

f:id:ragragna:20180701001531p:plain

中衛打撃のヴェロニカとテンライは毎日固定。

あとはその日の特効武器ユニットを2体と、レインボーズになるように回復ユニットを

合わせるという編成ですね。

 

6月からの新仕様に対応すべくこの編成も変更!

ボスの攻撃力が1/10になったので、回復外しました(´▽`*)

冷戦~低祈りの展開だとボスの攻撃に耐えられるようになったのでもう回復は不要

ですね。

武器種別に紹介するとこんな感じに。

f:id:ragragna:20180701003653p:plain

f:id:ragragna:20180701003752p:plain

f:id:ragragna:20180701003920p:plain

レインボーズに拘る事もなく、純粋に強いユニットで組んでます。

回復を外した分火力も上がって良い感じになりました♪

 

でも高祈りの展開だと相変わらず一発でやられてしまうので、精神的余裕を求めて

回復を使う時もあります。

どのくらいの祈りで回復を入れるか外すかはまだちょっと決めかねていますが、

あるいは救援ソサがもっと充実すれば回復から卒業できるかもと見込んでいるので、

このあたりはまだまだ流動的になりそうです(。-`ω-)

できる事なら完全に回復から卒業したいですね。。

 

 

というわけでパーティーが変わりましたが、さらに戦闘スタイルにも変化が!

ボスの攻撃力が減って耐えられるようになった事で体力調節がしやすくなり、

ベルセルクルーンを使ってさらに火力を上げられるようになりました(´▽`*)

以前の仕様でもベルセルクを使いたくて色々と試行錯誤していましたが、この仕様では

上手くいけばテラロアやナイトルーンも使う事なくびたっと体力調節できますね。

いくつか例を。

f:id:ragragna:20180701010932p:plain

まずは祈り2万。

どーん

f:id:ragragna:20180701011207p:plain

フプルルが良い感じの体力になりましたね。

★4は★5と比べると体力も低めなので、ボスの攻撃を直接受ける際はこのくらいの

祈り値がデッドラインになりそうです。

不利属性だともっと被ダメも増えてしまうので祈り1.5万あたりが限界でしょうか。

テンライやラピスラズリはもう1発もらうと丁度良さそうですし、無傷のヴェロニカも

一発もらいたいところです。

次のボスの攻撃ではフプルルとオルコを下げて回避しつつ他の3体が攻撃を受ければ

体力調節が上手くいきそうですね。

 

続いて祈り3万。

f:id:ragragna:20180701012004p:plain

フプルルは退却してしまいました。

まぁカウボルタスは光ボスなので闇のフプルルには厳しかったですね。

オルコは完璧、ラピスラズリもまずまずの体力調節。

ヴェロテンは並びがずれたのか1段しか攻撃を受けられませんでした。

カウボルタスは3段攻撃なのでヴェロニカは全段受けていたら退却してましたね(。-`ω-)

祈り3万ともなると★4は有利不利問わず厳しめ、★5でも不利属性は耐えられそうに

ないという事が確認できます@@;

これ以上の祈り値に対する場面ではテラロアが必要になるでしょう。

 

 

ここまでをまとめると祈り1.5万くらいまでなら★4中心の編成でも一発は耐えられそう

ですし、祈り2万でも属性に気を付ければ体力調節は可能と言えそうですね♪

でもでも!

実際のギルバトだと相手の祈り値はクリアしてみないと判明しませんし、準冷戦の

ように動きづらい局面だと一回クリアするのもはばかられてしまいます。

じゃぁどうやって祈り値を調べるのか。。

答えは簡単。

一回リハーサルすれば良いのです(・∀・)

上手く体力調節できれば祈り値なんてどうでも良いわけですし、ラスアタ前に1回

出撃してみて体力調節の予行練習をしてからラスアタに臨むとスムーズですね。

リハーサルが済んだら撤退する事でGPも増えません。

私も時間とBPに余裕が有る時は体力調節のリハーサルをしています(´▽`*)

 

それでは続いて、私の実戦での動きについてご紹介していきます。

自己流なので悪しからず@@;

まず開幕は

f:id:ragragna:20180701024351p:plain

中衛打撃は下げ、後衛の火力役だけ前に出して攻撃をもらいに行きます。

3体がきれいに並ぶよう位置も微調整!

f:id:ragragna:20180701024826p:plain

そろそろボスの攻撃を受けようかというタイミングで中衛打撃も前へ。

あわよくば5人まとめて攻撃を受けたい所ですが、そこはボスの同時攻撃数の

兼ね合いもあるので、私は後衛優先です。

f:id:ragragna:20180701025154p:plain

ある程度体力調節の済んだユニットは一旦バック。

画像ではオルコとフプルルを下げているのが確認できます。

ただ、下げ続けているとじわじわ回復してしまうので、ボスの攻撃が届かない安全圏

まで下げる程度に留めます。

その後は退却しないように注意ですね。

f:id:ragragna:20180701025545p:plain

後衛の火力役の体力調節が済んだら次は中衛打撃の調節どうしよう問題が浮上します。

正直ここまできれいに後衛を調節できればもう充分なのですが、人間というのは欲深い

もので、打撃特攻だったら中衛打撃も調節したくなるんですよね(。-`ω-)

でもフィクセイトが入っているとボスは前に出てこれず、攻撃もできません。

そういった場合

f:id:ragragna:20180701030056p:plain

救援前衛を呼び出す事でボスの攻撃を誘発できます。

この時も後衛は避けるイメージで一応下げておくと安全ですね。

この誘発ですが、同リーチのボスが同じ位置に並んでいると同時に攻撃が飛んでくる

可能性があります。

想定以上の大ダメージを負ってしまう危険性が有る事だけはご承知おきを。

リハーサルしてもここだけはどうなるか読めません(。-`ω-)

救援前衛にナイトルーンを持たせたりというケアが有るとさらに安全でしょうか。

ここも上手くいけば

f:id:ragragna:20180701030952p:plain

見事ベルセルクウハウハ状態の完成!

フル体力で挑むよりも早くクリアできる事でしょう(´▽`*)

実戦でこんなにきれいに決まる事はまず無いですがw

以上が私の体力調節の方法です。

 

こうして書いてるだけだと簡単そうに感じますが、実際の操作はもっと複雑です。

他にもシードを撃ったり、足の速いボスが来たら難を逃れるために救援ソサを呼ぶこと

もあったりするので。。

いろんな祈りのいろんなボスで練習する必要がありますし、やはり本番前には

リハーサルをしておきたいですね。

 

 

上手くいけば火力が上がってタイムボーナスも稼げる体力調節ですが、注意点が

いくつか有ります。

まず一番の注意点はこれ。

【コンティニュー後は体力全回復】

全ての努力が水泡に帰してしまいます。

コンテ前提になりそうなバトルでは体力調節自体を諦めるのも手ですね。

続いてこれ。

【体力ギリギリを狙って失敗しがち】

この一か月、毎回のように体力調節を狙いましたが、いまだにこの悪癖は抜けません。

失敗してユニットを退却させてしまうと大きなタイムロスになってしまうので妥協が

必要です。

体力半分くらいで妥協しても全然良いかと!

最後に一応これも。

【低祈りでは効果が低い】

そもそも低祈りだとボスの攻撃力がかなり低くなるので、体力調節にも時間がかかって

しまいます。

ゆっくり削られるのを待つよりは体力調節せずにさっさと癒した方が結果的には早く

クリアできるでしょう。

 

特に上の2つは失敗すると本当に心が折れますorz

まだまだ私は実戦経験が不足していますが、そもそも操作が上手なわけでもないですし

失敗しながら上手になっていければと思ってます(。-`ω-)

実戦に勝る練習は無いですしね!

 

最後にテラロアですが、現状私は使っていません。

打・弓や打・魔法パーティーで臨む場合は打撃特攻でなくてもストライクソウルを

持っていってます。

ストライク・スラッシュ/スタブソウル・単ブレイク・複ブレイクx2でテラロアが

入る余地が無いですね(。-`ω-)

高祈りの時にストライクを外してでもテラロアを入れて体力調節した方が早いのかは

まだ未検証です。。

そもそも高祈りの場合は回復を入れるという安全策を取ってしまいそうなのでw

 

長くなりましたが体力調節についてはこんな所です。

もっと実戦経験を積まないと戦闘スタイルは確立できそうにありませんが、まぁ

ぼちぼち慣れていければと(*'▽')

ギルバトはスピード勝負なので、火力をグンと上げられるベルセルクルーンを使い

こなせればさらに有利になる事でしょう。

今はとにかく体力調節に夢中です!

 

 

最後に、スピード勝負という点で同じく無視できない救援エグザントです。

現在は救援エグザントを2つに分けて組んでます。 

まず一つは

f:id:ragragna:20180701152455p:plain

リーチ116を超える長リーチ部隊。

現状ポッソ以外の全てのボスに安心してぶつけられるので、この部隊の成長は

スピードアップに大きく貢献できると思ってます。

だからこそまずは頭数を増やしたいですし、ミュッセル引きたかったです・・・。

2人しかいないし発動してくれたらラッキー程度の感覚で、あまり期待はしてませんw

もう一つは

f:id:ragragna:20180701153259p:plain

長リーチ部隊に入れないユニット達の部隊ですね。

ギルバトでは最後に短リーチのゲートボスが残った時にぶつける事でクリア時間短縮が

見込めます♪

あと、冷戦の時には開幕から彼らも呼び出してエグザント発動を狙ったりもしてます。

冷戦は本当にあっという間なので効果が有るのかはいまいち不明ですがw

 

短リーチ部隊はフェニシャルルやスウォランスといったトレンドの長リーチボスに

ぶつけるとあっという間にやられてしまいます。

でも彼らより前の位置にナイトルーンを持たせたゾンビ前衛を複数配置させる事で

彼らへのダメージを届かなくしたり被ダメを減らせる事が可能ですね。

私もそういった技を駆使して臨んでみたいのですが、複数のナイトルーン強化が必須

なのと、ゾンビ前衛を長持ちさせるために回復も入れるとなるとユニット枠がカツカツ

になったりと、なかなかそこまで追いつきません(。-`ω-)

メルストは本当に奥が深いですし、その奥に入り込むのも大変ですね@@;

 

 

だらだらと長くなってしまいましたが、まとめると現在のギルバトはヴェロテン+

特効ユニットx3がメインパーティーで、ベルセルクルーンや救援エグザントも

取り入れて奮闘してます! という話でした。

体力調節は本当に難しいですが、決まった時はかなりテンションも上がります♪

日々練習ですね!

 

 

以上、ギルバト新仕様の感想中衛打撃編でした。

今の仕様は本当に自由度が広がったので他にも色々な楽しみ方ができそうですね(*'▽')

非ゾンビ前衛でも祈り1万くらいなら耐えられそうですし、時間が有れば

リードカルテットとかも試してみたいです♪

救援エグザントも守れそうだし意外と強そう?!

 

ギルドに関する他の記事はこちら