メルストブログなのだよ

「メルクストーリア」についてだらだらと

コンパクト降臨の雑感と求められる意識改革

f:id:ragragna:20180121132501p:plain

シーズンオフにここまで注目を集めるとは中日ファンでも思っていませんでした。

松坂テスト、岩瀬プロテクト漏れ騒動、そして極めつけはイチローへのオファー!

さすがにイチローの日本復帰は古巣のオリックスが優勢という見方が強いですが、

中日ファンでイチロー信者でもある私の願いはもちろんイチローの地元の中日入り。

支配下枠もまだ余っていますし、しばらくはワクワクできそうです。

 

そんな中日事情はさておき、メルストでは降臨イベントが始まりました。

今回からは9~11:00と20~22:00の4時間x2日と開催時間が短縮。

短くなって楽になりましたね~と安堵するだけではなく、短時間でいかに効率よく

進めていけるかを考えなくてはいけなくなりました。

そのあたりは後述するとして、まずはいつもの部位数確認から見てみましょ。

よっこいしょ

f:id:ragragna:20180121134713p:plain

3部位以上は分かりやすいですね。

首あたりが発光する2部位目がやや分かりづらいくらいでしょうか。

というか分かりづらいのは部位数よりも属性ですね。。

私も2回ほど間違えましたが

f:id:ragragna:20180121135518p:plain

これどう見ても闇属性に見えますw

初見は完全に騙されました。

間違えない為には

f:id:ragragna:20180121141138p:plain

出撃ページの右上にボスの属性が明文化されているので、ここで再確認しましょ!

 

 

続いて私の実戦です。

初日のパーティーはこちら。

f:id:ragragna:20180117133001p:plain

懸念の一つだったヴェロニカでの足止めですが、開幕から40秒ほどは救援ソサがボスを

押し出して秒数を稼いでくれたので、特に問題なく足止めできました♪

でもこれってボスのタフネスが低めだったから押し出せたわけで、そうでなかったら

はたしてどうなっていたものやら(。-`ω-)

まぁその時はまた考えるとしましょ。。

 

もう一つの懸念だった後衛の育成不足ですが、このLvでも申し分なくダメージが

出せました。

やっぱり特攻って大事ですね@@;

魔法パーティーはほぼ完成したので毎回魔法で良いかななんて思ってましたが、降臨は

特攻に合わせて今後も臨もうと思います(`・ω・´)

 

そんな今回のパーティーで

f:id:ragragna:20180121143339p:plain

正面4部位カンストを達成できました(*'▽')

たしか前回は達成できなかったと記憶しているので大きな進歩です。

まぁパーティーというよりもマインドの影響が大きそうですがw

これで私のカンスト歴は

背面3~5部位

側面3~5部位

正面4~5部位まで達成!

今年の密かな目標でもある正面3部位カンストに一歩近づきました(´▽`*)

弓パーティーは3体攻撃多めに組んでいるので今夜も挑戦してみようと思ってます。

 

 

銃パーティーについてはこれで落ち着いたような気もしますが、落ち着いてはいけない

ような気もしています。

これは冒頭の開催時間短縮にも関連する事ですが、今までは部位数を厳選するために

ダラダラと挑発による引き戻しでボスを巣に戻していましたが、開催時間が短くなった

今はそんなにダラダラしてはいられません。

ボスの動きも遅いですし、その間ボーっと待っていては2時間なんてあっという間に

過ぎてしまいますね。

挑発ではなく攻撃による引き戻しならその分ダメージを与えられるので、 効率を考える

と後者の方が得策でしょう。

だったら1部位・2部位用のパーティーも用意しておいた方が良さそうという考えに

つながり、それこそ私がまだパーティーで落ち着いてはいけないという気になっている

所以であります。

 

まとめると

3~5部位を攻撃するメインの削りパーティーと、

1~2部位を攻撃するサブの引き戻しパーティーを用意した方が良さそうという事です。

私はメインパーティーは一つだけなのでパーティー枠は余っていますし、サブでも高い

ダメージを計上できればあるいは引き戻している間に倒せるかもしれませんね。

うん、サブを作るメリットは有りそうです。

 

いやでも待てよ・・・

今までは私の所属しているギルドのレートだと概ね3部位以上で厳選していましたが、

マインドで強くなった現状なら2部位でもカンストできるのかな。。

まずはここから試してみないとですね@@;

2部位でもカンスト余裕という時代になったら1部位は引き戻しで他は攻撃となって、

パーティーも

4~5部位を攻撃する同時攻撃数4~5体ユニット中心の削りパーティー①と

2~3部位を攻撃する同時攻撃数2~3体ユニット中心の削りパーティー➁と、

1部位を攻撃する引き戻しパーティー③

といったパーティー3組態勢が良さそうです。

でも私の場合だと1つのパーティーも満足に育成できていないのに3組も作れとなると

時間がかかりそうですね><

妥協してメインとサブの2組にすると仮定して、メインは2~5部位を相手にするわけ

ですからいっそアタッカーの同時攻撃数を2.3.4.5と並べるのも面白そうです。

あるいはダメージの稼ぎやすい5部位を無視して2~4部位を相手にすると考えれば

2.3.3.4といった組み合わせもバランス良さそう。。

試しに組むと

f:id:ragragna:20180121164542p:plain

こんな感じで2~5部位を相手にすると。。

これで2部位カンストできれば楽ですが、まぁまずは育成しないとですねw

2体攻撃のユニット自体あまり育ててないので、やはり時間はかかりそうです。

 

 

うーん書いているうちになんか混乱してきましたが、今夜の降臨では2部位カンストも

目標の一つに据えて臨もうと思います。

元々用意していた今日の弓パーティーはこちら。

f:id:ragragna:20180117135401p:plain

3部位以上ならぼちぼち期待はできそうですが、2部位となると難しいでしょう。

2部位のアタックチャンスが来たらひとまずレティシア入りのパーティーで臨んで

みようと思います。

 

 

 

というわけで降臨初日の感想でした。

相変わらずまとまりのない文章ですが、ようするに気になっているのは

・引き戻しは挑発ではなく攻撃の方が効率良さそう

・2部位は引き戻し対象ではなく攻撃対象になるのか

という所です。

はたして高レートではどんな動きになっているのか興味深いですね。

まぁ私は私のレートで万全を尽くせるよう、2部位向けのパーティーを作る必要性から

考えてみるとします(。-`ω-)

 

降臨に関する他の記事はこちら