メルストブログなのだよ

「メルクストーリア」についてだらだらと

リセマラ・・・エグザント・・・ゾンビ・・・

 

こうして毎日のようにブログを書いてるとたまに筆が止まる時が有ります。

といっても何を書こうかと内容に悩んだりではなく、記事の冒頭に小粋な挨拶でも

挿し込もうかという時にその挨拶だけで無駄な長文になってしまい、頭の中でいくら

整理してもやっぱり無理で、その長文を書くかどうするかで悩んでしまうわけです。

例えば今も、ロットンという名前についてちょっと書こうとしたらプログレやらの

当時のイギリスの音楽シーンから日本の音楽シーンに飛んで最後はなぜ日本のロックは

終わったのかと無駄な情報や持論ばかりが脳内を駆け巡り結局名前については何も

書けないでいると。。

一行でまとめるならピストルズのボーカルから拝借しましたとなるわけですが、

それでは何とも味気ないですよね。。

小粋な挨拶が書けるようになりたいものです(。-`ω-)

 

 

 

とまぁ長ったらしい挨拶で始まってしまった今回ですが、

f:id:ragragna:20170909002546p:plain

当ブログにお越しいただいた際の検索ワードについて書いていきます。

 

主な検索ワードとしては「メルスト リセマラ」だったりゾンビだったり

エグザントだったりリトラクトだったりと多岐に渡ります。

このブログでいろんな事を書いてきたから皆様の検索に引っかかったわけで、

そうしてご訪問いただいた皆様に改めて感謝申し上げます<(_ _)>

 

ただ、重要なのは見てくださってありがとうではなく、

情報を求めてこのブログを訪れた方が満足できたのかという事です。

この点に関してははっきり申し上げて不透明!

なぜなら「メルスト リセマラ」と検索してこのブログにお越しいただいた方が

リセマラの何について調べてるのか私には分からないからです。

あとは私自身が自分の記事に自信を持てていないのも有りますね。。

そこで今回は何について調べているのかを無理矢理推測して、求めている情報を

ご提供できないものかとあれこれ試行錯誤してみます。

 

 

 

まずは

リセマラ

方法についてはwikiや当ブログでも過去に取り扱ったので問題はなさそうです。

一応該当ページ置いておきましょ。

でもリセマラについて検索してる方が方法について調べてるとはなかなか思えません。

リセマラという単語を使っている時点で私よりもスマホゲームに慣れてる方とお見受け

できますし、そうした方でしたら真っすぐwikiに向かうのが普通でしょう。

ではそうした方がなぜ当ブログにも訪問されたのか。

おそらくは数ある★5のどのユニットでリセマラを終えるべきか調べていると

推測できそうです。

 

私の過去記事では後衛の1~3体攻撃を推してますが、これは今も変わりません。

wikiのおすすめとは異なりますが、これは私がギルバトでの活躍を前提にしているのに

対しwikiでは全コンテンツでの適応度を前提としてランク付けしているからですね。

リセマラ自体はメルストのコンテンツを深く知る前に行う行為なので、幅広く使える

ユニットを推しているwikiのランクは正しいと思います。

私のギルバト前提はリセマラ頑張る人はきっとメルストも頑張る → メルスト頑張る

ならきっとギルバトも頑張る → じゃぁギルバト特化で推そうという安直な考えから

起因しています。

まぁどちらが正しいとか間違いの話ではなく、初心者さんにメルストのコンテンツと

それぞれに適応するユニットのタイプを理解してもらうにはあまりに仕様が複雑なので

結局は当たり障りの無いユニットを推すしかないというのが結論かもしれませんね。。

 

 

当たり障りの有る尖ったユニットを紹介しろという方に向けて 

推しユニットで新たに付け加えるとするならば★5の中衛打撃でしょうか。

名前を挙げると現在はヴェロニカ・ロッシェ・ジルの3体ですね。

f:id:ragragna:20170909013854p:plain

打撃ユニットはフィクセイトルーンを装備させる事でモンスターの移動を止める事が

できます。

上記の3体はリーチの長い中衛なのでモンスターの射程外からの足止めも可能。

ラインストラテジーにおいてこれほど強力な妨害効果は無いでしょう。

 

注意点としては足止め性能を高める為にユニット強化とルーン強化が欠かせないので

育成に時間がかかるという事です。

でもまぁ育成モチベーションを維持するには絶好のユニットと言えるでしょうし、

一人前に育てば「うはっボス止まったよすげえw」という興奮を得られるのは

間違いありません。

 

もう一つ注意したいのは、彼らは揃って同時攻撃数が3体なのでボスが4体以上

出現するギルバト等では手数不足となります。

補助として★4の中衛打撃と併用しての足止めも不可能ではないですが、

やはりリーチの長い★5と比べると安定感に欠けます。。

上記の3体のうち2体引ければ問題解決ですが、それは天文学的な確率になりそうなので

リセマラで1体、そしてゲーム内のスカウトで(課金して)もう1体というのが

現実的でしょうか。

 

まとめると彼らは★4では代えの効かないリーチを有した足止め要員で、

3体のうち2体でも揃える事ができればギルバトで大活躍できる明るい未来が

待っています。

無課金で2体目を迎え入れるには豪運と盛運と強運と剛運が必要になりそうなので

課金者向けと言えそうですね。

 

 

 

リセマラのユニット選びで共通して言えるポイントはやはり

「★4では代えが効かないタイプを選ぶ」という事でしょうか。

盾役の前衛や回復役は★4で賄える事も有りますが、火力役の後衛はやはり★4より

★5の方が高火力なのでリセマラで狙う価値は高いです。

中衛打撃の場合だとリーチが長めのボスに対して★4だと被弾してしまう所を★5だと

被弾せずに足止めできるようになるので、これもまた代えが効かないと言えそうです。

 

私のおすすめはリーチ165以上の1~3体攻撃ユニットか、中衛打撃!

リセマラ頑張ってください!!

 

 

 

というわけでリセマラについて書いてきました。

もし私が今リセマラできるとしたらジルとヴェロニカはレターピースで引ける

可能性が有るのでロッシェ一点狙いになりそうです。

一点狙いとなると数日かかる可能性も出てきそうですがロッシェなら時間をかける

価値も有るでしょう。

無課金には夢のまた夢のような話ですが、いつか3体揃えてみたいものですね(。-`ω-)

 

他の検索ワードについても書く予定でしたが時間と気力が無くリセマラだけに

なってしまいました。

まぁでも一つのワードに絞って広く深く掘り下げた方が良さそうですし、

次回も書く機会がそうしようと思います。

なんにせよ文字ばっかりですいません<(_ _)>

 

 

雑記に関する他の記事はこちら